イベント

MASカンファレンス2020 開催概要

2020年1月15日
株式会社構造計画研究所

新型コロナウイルス感染拡大に伴うイベント開催中止のお知らせ

弊社では、新型コロナウイルス感染拡大の情勢に鑑みまして、 ご来場者様をはじめとする関係各位の健康と安全を第一に協議しました結果、 MASカンファレンス2020を中止することにいたしました。
ご来場を予定されていた皆さまには大変ご迷惑をおかけしますこと、深くお詫びを申し上げます。
何卒、ご理解とご了承賜りますようお願いいたします。

開催概要

このたび、MASカンファレンス2020(第20回記念MASコンペティション)を開催することとなりました。
MAS(Multi-Agent Simulation)とは、実社会における複雑系の現象を分析し課題を解決するための手法です。
本カンファレンスでは、参加者による利用事例の発表と招待講演を通し、MASの可能性や今後の展望について議論します。
多くの方ご参加をお待ちしております。
MASカンファレンス2020リーフレットはこちら


日程・会場

日程: 2020年3月6日(金) 9:30~18:00 ※時間は予定です。終了後に懇親会を開催します。
会場: 六本木アカデミーヒルズ
https://forum.academyhills.com/roppongi/

開催スケジュール(予定)

コンペティション

MASのモデルについて、参加者の方々に自由なテーマで発表していただきます。
本年度の発表は全てフラッシュトーク・ポスター発表形式によるものとし、2部門に分けて募集いたしました。
審査の上、各部門において優秀賞を決定いたします。
発表タイトル・要旨と発表募集要項は下記リンクからご覧ください。
発表タイトル・要旨
募集要項

審査委員長

和泉 潔 氏(東京大学大学院 工学系研究科 教授)

審査委員(五十音順)

秋山 英三 氏(筑波大学 システム情報系 教授)
稲水 伸行 氏(東京大学大学院 経済学研究科 准教授)
兼田 敏之 氏(名古屋工業大学 工学研究科 教授)
倉橋 節也 氏(筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 教授)
鈴木 一敏 氏(上智大学 総合グローバル学部 教授)
生天目 章 氏(防衛大学校 名誉教授)
水野 誠 氏(明治大学 商学部 教授)

招待講演

基調講演:
Social Physics: Data-Driven Analysis and Computational Modelling of Human Social Connectome

[講演概要]
ネットワークの理論を応用した大規模なデータ分析とコンピュータモデリングにより、今後の社会制度の設計のために重要な社会的構造についての知見を得ることができる。
本講演では、携帯電話データを用いた分析により、人々の社会行動のパターンや人間関係のダイナミクス、季節・地理的条件がそれらに与える影響、様々なスケールの社会ネットワークが形成されるメカニズムなどを明らかにした研究事例について紹介する。
※講演は英語ですが、通訳が入ります。

 Kimmo Kaski 氏
 Aalto University School of Science(フィンランド) 計算科学科 教授、The Alan Turing Institute 客員研究員などを務める。
 研究分野は物理、経済、社会・情報システムにおける複雑系、社会ネットワークに着目した計算社会科学。
 Kimmo Kaski 氏のページ



招待講演1:都市防災とシミュレーション

[講演概要]
本講演では、大都市避難シミュレーション、巨大災害時疎開シミュレーションなどの研究事例を紹介しつつ、都市空間の安全・安心を実現するうえでシミュレーション技術がどのように使われているか、そしてこれからどのように利活用されるべきかの展望を紹介する。

 廣井 悠 氏
 東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 准教授。
 平成28年度東京大学卓越研究員、JSTさきがけ研究員などを兼任。
 専門は都市防災、都市計画、防災学。
 廣井 悠 氏のページ  


招待講演2:フェイクニュース現象と社会シミュレーション

[講演概要]
フェイクニュース現象は、情報の生産者と消費者が様々な利害関係の中でつながりあった情報生態系で生じる複雑な現象であり、民主主義を揺るがす深刻な社会問題である。
本発表では、フェイクニュースの温床となるエコーチェンバーが発生する仕組みについて、社会シミュレーションを用いて検討する。さらに、情報技術によってエコーチェンバーを緩和する方法について議論する。

 笹原 和俊 氏
 名古屋大学 大学院情報学研究科 複雑系科学専攻 講師。
 JSTさきがけ研究員、名古屋大学 大学院情報学研究科付属グローバルメディア研究センター 講師を兼任。
 計算社会科学のアプローチでコミュニケーションの複雑系を研究。
 笹原 和俊 氏のページ  


過去のMASコンペの様子

第19回 オーラル発表セッションの様子

第19回 ポスター発表セッションの様子

・第19回MASコンペティション結果発表
 https://mas.kke.co.jp/news/908/
・第19回MASコンペティション開催のご報告
 https://www.kke.co.jp/topics/seminar/19_mas.html
・過去のMASコンペ一覧
 https://mas.kke.co.jp/news/news_category/oldcompetition/

連絡・問い合わせ先

株式会社構造計画研究所 第20回MASコンペティション事務局
TEL 03-5342-1273
e-mail mascompetition20@kke.co.jp