ホーム > モデル作成のレシピブック > 07.ポテンシャル法を高速化しよう

07.ポテンシャル法を高速化しよう

 
ファイルのダウンロード:file07_RecipeBook.zip

ポテンシャルはいつ計算するとよいでしょうか?

「06. artisocレシピブック」では、全てのお客さまのポテンシャルを毎ステップ計算しています。

商品棚やレジの位置は動かないので、来店時もしくは目的地に到着したタイミングでポテンシャルを計算すれば、計算負荷を減らすことができます。

モデルを改造して、ポテンシャル法を高速化しましょう。

目次

 ① ポテンシャル法とは?(再掲)
 ② 店舗内の買い回り行動(再掲)
 ③ ツリーに変数を追加する
 ④ 入口からお客さまが来店する
 ⑤ お客さまの買い回り行動を定義する
 ⑥ Potentialを初期化する
 ⑦ Potentialに従い、方向を取得する
 ⑧ 商品棚の到達確認を行う
 ⑨ PotentialArrayから値を取得する
 ⑩ シミュレーションを実行する(再掲)

Your borwser is not supporting object tag. Please use one of the latest browsers.
Go to https://www.slideshare.net/slideshow/embed_code/key/3GWux6UQhqNq0d

更新日: 2015-07-09 (木) 15:20:10 (805d)

PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2014 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji. HTML convert time: 0.041 sec. Counter:1738 Today:1 Yesterday:3

TOP