ホーム > モデル作成のレシピブック > 06.ポテンシャル法を使って、買い回り行動を再現しよう

06.ポテンシャル法を使って、買い回り行動を再現しよう

 
ファイルのダウンロード:file06_RecipeBook.zip

店舗内の買い回り行動を再現しよう

道路などの「ネットワークで表現できる空間」の場合は、ダイクストラ法を使って最短経路を探索できます。

では、店舗内などネットワークとして定義しづらい「面的な空間」の場合は、どうすれば最短経路を探索できるのでしょうか?

ポテンシャル法を使って、最短経路を探索して、店舗内の買い回り行動を行動モデルを再現しましょう。

目次

 ① ポテンシャル法とは?
 ② 店舗内の買い回り行動
 ③ 店舗のフロアデザインを定義する
 ④ ツリーにエージェントと変数の定義する
 ⑤ 「Floor」の値から商品棚、入口、レジを生成する
 ⑥ 入口からお客さまが来店する
 ⑦ お客さまの行動ルールを定義する
 ⑧ Potentialを初期化する
 ⑨ Potentialに従い、方向を取得する
 ⑩ 商品棚の到達確認を行う
 ⑪ レジの到達確認を行う
 ⑫ 出力設定を行う
 ⑬ シミュレーションを実行する

Your borwser is not supporting object tag. Please use one of the latest browsers.
Go to https://www.slideshare.net/slideshow/embed_code/key/FW1KzGgcJ8lb6X

更新日: 2015-06-30 (火) 18:12:03 (814d)

PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2014 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji. HTML convert time: 0.010 sec. Counter:2466 Today:4 Yesterday:0

TOP