コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

第8回MASコンペティション結果発表


2008年3月
(株)構造計画研究所

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
おかげさまで第8回MASコンペティションは盛況の中、開催することができました。あらためて感謝申し上げます。

目的:

本コンペティションは、マルチエージェントシミュレータartisocおよびKK-MASを用いた 研究成果をご発表いただき、ユーザ間の技術および情報交換の場を提供すると同時に、 今後の更なる普及活動に向けての情報収集を目的としております。

日時:

第8回MASコンペティション
2008年3月4日(火) 10:00〜17:00
(artisocチュートリアル 2008年3月5日(水) 13:00〜17:00)

会場:

(株)構造計画研究所 新館地下レクチャールームA、B

参加者数:

58名(発表者、参観者を含む)
(翌日のartisocチュートリアルは30名)

形式:

コンペティション形式
*事前の提出物の審査+当日の発表の審査

発表:

【部門1】学生による挑戦 10分プレゼンテーション 
【部門2】研究・実務への応用 20分プレゼンテーション+10分質疑応答

審査:

審査委員長 東京大学 山影進先生
慶応義塾大学 井庭崇先生
名古屋工業大学 兼田敏之先生
野村マネジメント・スクール 遠藤幸彦先生
東京工業大学 寺野隆雄先生

部門・審査基準・対象者の詳細:

部門
評価基準
対象者
【部門1】
学生による挑戦
KK-MASまたはartisocのモデルが題材・着眼点・見せ方等の点で独創的であり、面白い 学部生、高校生
【部門2】
研究・実務への応用
KK-MASまたはartisocを用いた学術的な、あるいは実際的な研究として優秀である(テーマとして意義深いと認められ、また結果や過程に関して十分な検討・考察がなされており、説得性に富む) 学部生、大学院生、研究者、実務家等

発表内容:

【部門1】 学生による挑戦

佳作

衛藤 剛史 / 東京海洋大学
『マルチエージェントモデルによる鉄道駅の交通接点分析』

特別賞

M.O / 愛知県立高蔵寺高等学校
『交通渋滞の緩和をめざして! 〜右折車が引き起こす渋滞に関する研究〜』

No
発表タイトル
発表者
1
「けいどろ」ゲームのエージェントシミュレーション
芝浦工業大学
杉村紀次
2
マルチエージェントモデルによる鉄道駅の交通結節点分析
東京海洋大学
衛藤剛史
3
駐輪スペース〜社会的ジレンマの果てに 〜駐輪者の意思決定モデルの導入〜
千葉大学
平本知樹
4
マルチエージェントシミュレータを用いた住民による消火活動モデル開発の基礎的研究 〜防災まちづくり支援ツール開発の1つとして〜
豊橋技術科学大学
河岸真広
5
マルチエージェントによる信号機動的制御の実現と検討
愛知県立大学
柴田貴範
6
artisocで作るインベーダーゲーム
筑波大学
山田雄一朗
7
交通渋滞の緩和をめざして! 〜右折車が引き起こす渋滞に関する研究〜
愛知県立高蔵寺高等学校
M.O

【部門2】 研究・実務への応用

佳作

丸山 喜久 / 千葉大学大学院
『高速道路走行車両に与える緊急地震速報の影響に関するマルチエージェントシミュレーション』

会場賞

石橋 竹志 / 埼玉大学
『マルチエージェントシミュレーションによる歩行者流の解析』

No
発表タイトル
発表者
1
報酬系と嫌悪系によるネズミの学習モデル
大阪歯科大学
米田正器
2
Mesh Networkを利用した通信におけるユーザ行動に基づく通信品質の評価 〜プライシングによる通信方式の提案〜
愛知県立大学大学院
市川貴久
3
マルチエージェントシミュレーションによる歩行者流の解析
埼玉大学
石橋竹志
4
消費者主導型広告メディアの可能性:アフィリエイト広告のエージェントベース・モデル分析
筑波大学
中澤想
5
高速道路走行車両に与える緊急地震速報の影響に関するマルチエージェントシミュレーション
千葉大学大学院
丸山喜久
 

artisocのご紹介

No
発表タイトル
発表者
1
artisoc2.0発表会
構造計画研究所
玉田正樹
Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )