コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

開催報告

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。おかげさまで第15回MASコンペティション(MASカンファレンス2015)は盛況の中、開催することができました。あらためて感謝申し上げます。

本年度は、MASプラットフォームartisocを利用している研究者の方々に最新の研究成果をコンペ形式で発表して頂く「コンペティションの部」に加えて、MASの産業応用について取り組まれている専門家の方々にご講演頂く「講演の部」を新たに設け、2日間に渡って開催いたしました。

講演の部: 2015年3月5日(木)

「講演の部」では、MASの産業応用について取り組まれている専門家の方々にご講演して頂きました。

講演1 「日本における社会シミュレーションの普及~20年の活動を振り返り~」

講演者: 木村 香代子(株式会社構造計画研究所 常務執行役員)

米国サンタフェ研究所の複雑系の研究に関心を持ち、1996年からビジネスネットワークに参加した。その後、日本初の汎用的なマルチエージェント・シミュレータartisocを開発し、多くの大学や研究所に提供すると同時に、コンサルティング業務を通して、様々な意思決定の支援を行なってきた。 本講演では、避難シミュレーション、電力取引や社会保険の制度設計、交通インフラの設計などの事例を交えながら、日本における社会シミュレーションの普及に関して紹介する。

講演2 「マルチエージェントシステムの産業への応用 ~サプライチェーンを中心に~」

講演者: 生天目 章氏(防衛大学校 教授)

サプライ・チェーン・マネジメント(SCM)とは、部品や製品の調達・生産・保管・輸送・販売に関わる多数の関係者の意思決定や調整などの諸活動を効率的に行うことを目的とする。また、日々のオペレーションだけでなく、需要やリードタイムの突然の変化、想定外のアクシデントや洪水などの災害リスクにも迅速に対処する必要がある。本講演では、マルチエージェントモデルに基づくSCMの支援ツールの構築について解説する。また、artisoc上での実装例についても紹介する。

講演3 「再生医療における予測技術の重要性 ~細胞挙動シミュレータの活用~」

講演者: 紀ノ岡 正博氏(大阪大学大学院 教授)

再生医療において、2つの法律が、2014年11月に施行され、再生医療が本格化されることが期待されている。今後、産業化には細胞製造側と医療側の経験・実績が不可欠であり、細胞の品質と治療の有効性に関する知識とその予測技術が重要となる。本講では、シミュレーションを駆使し、細胞製造側で培養装置による実生産を予測する技術(バーチャルファクトリー)を示し、さらに、医療側で治癒予測する技術(バーチャルセラピー)と両者を組み合わせたバーチャルコーディネータ技術の構築に関する将来構想について紹介する。

コンペティションの部: 2015年3月6日(金)

「コンペティションの部」では、artisocを利用している研究者の方々に自由なテーマで最新の研究成果をコンペティション形式で発表して頂きました。
  • 発表タイトルをクリックすると、ZIPファイル(論文、アブストラクト、モデルファイル)をダウンロードできます。
  • artisoc player」をインストールすることで、モデルファイル(*.binary)を実行することができます。

審査結果

受賞名 発表タイトル 発表者
優秀賞① 生死を賭けた籠城戦シミュレーション
~鳥取飢え殺し~
鳥取大学
山崎幸輔、木村大希、
安田早希、高田修汰
電力ネットワークにおける需要供給マッチングのための
分散型リアルタイムプライシング
鳥取大学
三浦政司
優秀賞② 就職活動における囚人のジレンマ構造のモデル表現 東京大学
小川倫
会場賞 MASを用いた災害避難行動に与えるSNSの効果と影響の考察 東京大学
南貴久

発表プログラム

番号 発表タイトル 発表者
1 組織内の人材ポートフォリオに関する考察
~人的資源管理における自律型人材と他律型人材の比率~
筑波大学
野原裕美
2 MASを用いた災害避難行動に与えるSNSの効果と影響の考察 東京大学
南貴久
3 マルチエージェントプランニングにおける
動的協調形態変更メカニズムのartisocによる評価
電気通信大学
布施太章
4 就職活動における囚人のジレンマ構造のモデル表現 東京大学
小川倫
5 建物火災時の避難行動に心理的要因が与える影響
‐正常性バイアス、集団同調性、愛他的行動に着目して‐
筑波大学
戦略的思考artisoc班2
6 N-Gramモデルを利用したマルチエージェントによる音楽の創発 椙山女学園大学
平山すみれ、成瀬美帆
7 避難実証実験に基づいた地下街避難行動シミュレーション 名古屋大学
青山純也
8 エアコンをもつ家の配置と消費電力量との関係 室蘭工業大学
吉木輝海
9 京セラドーム大阪から創造する効果的な退場方法 同志社大学
髙島凌
10 三次元仮想空間行動実験による能動的探索行動モデルの研究 名古屋工業大学
鈴木達人、岡本光平
11 A Study on evacuation simulation
for evacuation assistance to vulnerable people
National Disaster Management Institute
Jae-Soon Jang, Sang-Hyun Park,
Tae-Ho Jung, Keum-Ho Oh,
Hyo-sun Kweon, Do-Hoon Koo
12 生死を賭けた籠城戦シミュレーション
~鳥取飢え殺し~
鳥取大学
山崎幸輔、木村大希、
安田早希、高田修汰
13 人工コミュニティ内で創発される
エージェント孤立過程の可視化に関する研究
広島工業大学
岩井健吾
14 電力ネットワークにおける需要供給マッチングのための
分散型リアルタイムプライシング
鳥取大学
三浦政司

企画紹介

番号 発表タイトル 発表者
1 artisocの新機能について 構造計画研究所
森俊勝
2 GISデータ変換ツール
バージョンアップのご紹介
構造計画研究所
志村泰知

審査委員長

  • 山影 進氏(青山学院大学 教授)

審査委員(五十音順)

  • 和泉 潔氏(東京大学大学院 准教授)
  • 寺野 隆雄氏(東京工業大学大学院 教授)
  • 生天目 章氏(防衛大学校 教授)
  • 水野 誠氏(明治大学 教授)

会場とアクセス

連絡先

株式会社構造計画研究所 第15回MASコンペティション事務局
TEL 03-5342-1125 / FAX 03-5342-1225
e-mail mascompetition15@kke.co.jp

Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )