コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

第12回MASコンペ

第12回MASコンペティション結果発表


2012年3月
(株)構造計画研究所

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
おかげさまで第12回MASコンペティションは盛況の中、開催することができました。あらためて感謝申し上げます。

目的:

本コンペティションは、マルチエージェントシミュレータartisocおよびKK-MASを用いた 研究成果をご発表いただき、ユーザ間の技術および情報交換の場を提供すると同時に、 今後の更なる普及活動に向けての情報収集を目的としております。

日時:

第12回MASコンペティション

2012年3月9日(金) 10:00〜17:30 (終了後、表彰式および懇親会)

形式:

コンペティション形式

一次選考:アブストラクトによる書類審査
二次選考:論文およびモデルの事前審査+当日のプレゼンテーションの審査

発表:

【部門1】学生による挑戦 プレゼンテーション(10分)+質疑応答(5分)
【部門2】研究・実務への応用 プレゼンテーション(20分)+5分質疑応答(5分)

会場:

(株)構造計画研究所 新館地下1階レクチャールーム MAP: http://www.kke.co.jp/corporate/profile/map/tokyo.html

審査:

     
一次審査 (株)構造計画研究所創造工学部

二次審査   審査委員長 
東京大学大学院    山影 進 氏
  審査員(五十音順)
筑波大学大学院   秋山 英三 氏
東京大学大学院    和泉 潔 氏
東京工業大学大学院   寺野 隆雄 氏
防衛大学校    生天目 章 氏
明治大学    水野 誠 氏

審査結果:

       
優秀賞
【部門1】 札幌市における情報提供手段を考慮した帰宅困難者の
行動分析へのマルチエージェントシミュレーションの適用
北海道大学
佐々木将仁
【部門2】 人間行動の記号過程の確率ネットワークモデルと
それに基づくシミュレーション
-建築・都市空間が誘発する人間行動の記号過程に関する研究-
京都大学大学院
木曽久美子
会場賞
マルチエージェントを用いた交差点の安全性評価 神奈川大学
片岡祐太

発表タイトル:

【部門1】学生による挑戦(プレゼン10分+質疑応答5分)
農地への鳥獣害対策を想定したイノシシ行動と
対策効果のマルチエージェントシミュレーション
東京理科大学
横島 拓也
マルチエージェントを用いた交差点の安全性評価神奈川大学
片岡 祐太
不確定情報が歩行者の集団的振る舞いに及ぼす影響筑波大学
田中 勇希
成績評価指標による学生の履修行動への影響の検討
-マルチエージェントアプローチによるGPA制度設計-
愛知県立大学
前田 翔馬
札幌市都心部整備による歩行者行動予測分析への
マルチエージェントシミュレーションの適用
北海道大学
高田 淳司
居住地の凝集化と社会的サービス施設の
拠点化の空間シミュレーション
豊橋技術科学大学
横澤 和也
札幌市における情報提供手段を考慮した帰宅困難者の
行動分析へのマルチエージェントシミュレーションの適用
北海道大学
佐々木 将仁
【部門2】研究・実務への応用(プレゼン20分+質疑応答5分)
災害発生の頻度が生存戦略に与える影響の研究
-マルチエージェントシミュレーションによる繰り返し囚人のジレンマを通して-
東京大学
飯塚 正樹
人間行動の記号過程の確率ネットワークモデルと
それに基づくシミュレーション
-建築・都市空間が誘発する人間行動の記号過程に関する研究-
京都大学大学院
木曽 久美子
ネットワークシステムと遊牧商人奈良産業大学 准教授
棚橋 豪
特別講演
「artisocへの道、artisocのこれから
〜マルチエージェント・シミュレーション(MAS)の普及を夢見て〜」
東京大学大学院
山影 進 氏
「教育現場におけるMASの利用事例紹介
:プログラミングだけでないプログラミングの講義」
東京大学大学院
和泉 潔 氏
artisoc紹介企画
「artisoc3.5の新機能とCADデータ変換ツールのご紹介」構造計画研究所
森 俊勝
志村 泰知

Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )