コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

【開催要項】 第19回MASコンペティション

第19回MASコンペティション

開催要項

2019年1月18日
株式会社構造計画研究所

はじめに/ 日程・会場/ 開催プログラム/ 発表者募集/ 講演/ 審査委員/ 見学者募集/ 昨年の様子/ 連絡・問い合わせ先

はじめに

本年度も構造計画研究所では、「第19回MASコンペティション」を開催することとなりました。
MASに関する研究成果や応用事例、アイデアなどについて、自由なテーマで発表していただきます。

本年度は例年のオーラル発表セッションに加え、新たな試みとしてポスター発表セッションを開催いたします。
発表可能者数が大幅に増加し、発表申込み条件も簡素になりましたので、ぜひお気軽にご応募ください。

皆様方のご応募・ご参加をお待ちしております。

日程・会場

日程: 2019年3月1日(金) 9:30~18:00 ※時間は予定です。終了後に懇親会を開催します。
会場: 中野セントラルパーク カンファレンス
アクセス: 東京都中野区中野4-10-2 中野セントラルパーク サウス (http://www.nakano-centralpark.jp/conference/)

開催プログラム

  • コンペティション
    • オーラル発表セッション
    • ポスター発表セッション
  • 講演
    • 和泉 潔 氏(東京大学大学院 教授)「シミュレーションによる未来社会設計: ポストAIとしてのMAS」
    • 宮下 和雄 氏(産業技術総合研究所 主任研究員)「メカニズムデザインにおけるシミュレーションの活用」
  • 懇親会

発表者募集

以下の通り、発表者を募集いたします。
皆様方のご応募をお待ちしております。

オーラル発表セッション

ポスター発表セッション

発表形式

  • スライド資料などを利用した口頭発表
    ※発表15分、質疑10分
    ※最大10件程度を予定
  • 懇親会中の発表内容展示(参加必須)
    ※アブストラクトのポスター展示およびディスプレイによるモデル展示を行います。

発表申込み条件

  • artisocを利用した学術研究または応用事例紹介であること(論文形式でまとめられるもの)
  • 発表時にモデルの実行の様子(その場で実行、ないしログや動画の再生)を見せられること
  • コンペティション終了後、株式会社構造計画研究所のホームページなどにて発表内容が公開可能であること
    ※企業発表については、公開義務はないものとすることができます。詳細はお問い合わせください。

発表者スケジュール

  • 2019年1月25日(金):発表申込み締切
  • 2019年2月1日(金):審査用書類提出締切
  • 2019年2月8日(金):発表者通知
  • 2019年2月22日(金):論文およびアブストラクト提出締切
  • 2019年3月1日(金):MASコンペティションでの発表

    ※審査用書類は、テンプレートに従って作成・提出していただきます。
    ※論文は6~10ページ(A4)程度、アブストラクトは1ページ(A4)のものを提出していただきます。書式は自由ですが、一般的な論文形式に従ってください。当日の配布資料および後日の論文集冊子に利用いたします。

賞金

  • 優秀賞 :1~2名(または1~2グループ) 研究奨励金10万円
    ※審査員による審査で決定します。
  • 最優秀賞:1名(または1グループ) 研究奨励金30万円
    ※優秀賞対象発表の中で、特に優れており最優秀賞に値する発表があった場合に、最優秀賞1名(1グループ)を選出します。
  • 会場賞:1名(または1グループ) 研究奨励金5万円
    ※参加者による投票で選出します。

オーラル発表申込みページ

発表形式

  • ポスター展示による発表
    ※ポスターは最大でA0サイズです。
    ※形式は自由で、スライド資料を並べたものなどでもかまいません。
    ※希望者はディスプレイによるモデル展示を行うことが可能です。
    ※最大20件程度を予定

発表申込み条件

  • 発表者のオリジナリティを反映したMASモデルまたはモデルのアイデアを含む内容であること
    ※必ずしもartisocを利用したものでなくてもかまいません。
  • コンペティション終了後、株式会社構造計画研究所のホームページなどにて発表内容が公開可能であること
    ※企業発表については、公開義務はないものとすることができます。詳細はお問い合わせください。

発表者スケジュール

  • 2019年2月1日(金):発表申込み締切
  • 2019年2月8日:発表者通知
  • 2019年3月1日(金):MASコンペティションでの発表

    ※発表申込み時に200~300字程度の要旨を提出していただきます。
    ※ポスターは発表当日にご自身でお持ちください。
    ※モデル展示を希望される場合、ディスプレイを開催者で用意いたします。モデル再生用のPCはご自身でお持ちください。

賞金

  • 会場賞:1~2名(または1~2グループ) 研究奨励金5万円
    ※参加者による投票で選出します。

ポスター発表申込みページ

※企画内容は今後、変更になる可能性がございます。

講演

講演1 「シミュレーションによる未来社会設計: ポストAIとしてのMAS」

講演者:和泉 潔 氏(東京大学大学院 教授)

持続可能なだけではなく発展し続ける社会を支える技術として、社会シミュレーションの重要性はますます高まっている。 本講演では、実社会にある人工物や社会制度、組織・集団の振る舞いを解析し、そこに新たなハードウェアやソフトウェアを加えることにより、発展するシステムを設計するシミュレーション技術を紹介する。 交通、防災、マーケティング、金融などの各分野での社会シミュレーションの事例を紹介しながら、未来社会設計への可能性と課題を説明する。

講演2 「メカニズムデザインにおけるシミュレーションの活用」

講演者:宮下 和雄 氏(産業技術総合研究所 主任研究員)

Google社のアドワードオークションや米国連邦通信委員会による周波数帯オークションに代表されるように、経済学だけではなく工学・情報学からの知見も活用したメカニズムデザインの社会実装が近年大きな成果を挙げている。 本講演では、メカニズムデザインにおける計算機シミュレーション技術の活用に関して概説する。

審査委員

審査委員長

  • 和泉 潔 氏(東京大学大学院 教授)

審査委員(五十音順)

  • 兼田 敏之 氏(名古屋工業大学大学院 教授)
  • 倉橋 節也 氏(筑波大学大学院 教授)
  • 生天目 章 氏(防衛大学校 名誉教授)
  • 水野 誠 氏(明治大学 教授)

見学者募集

以下の申込みぺージよりお申込みください。

見学申込みページ

※当日受付もございますが、可能な限り事前のお申込みをお願いいたします。

昨年の様子

・第18回MASコンペティション
・社会シミュレーションの最新研究成果、4組を表彰 ~第18回MASコンペティション開催~(構造計画研究所ニュースリリース)

連絡・問い合わせ先

株式会社構造計画研究所 第19回MASコンペティション事務局
TEL 050-5213-9325 / FAX 050-5306-6984
e-mail mascompetition19[at]kke.co.jp [at]→@




Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )