コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

【開催要項】 第17回MASコンペティション

2016年12月26日
株式会社構造計画研究所

開催概要

このたび、株式会社構造計画研究所におきまして「第17回MASコンペティション」を開催することとなりました。
本年度は、参加者間(発表者、参観者)の交流に重点を置き、活発な議論からMAS(Multi Agent Simulation)に関わる新たな発想や知見の創出を目的として、 「コンペティションの部」を開催し、artisocを活用した研究成果の発表に加えて、ポスターやシミュレーションモデルの展示を企画しております。

また、広くMAS(Multi Agent Simulation)を普及するために、artisocの授業での活用事例をグループワーク形式(授業&演習)で体験いただく 「ワークショップの部」を設け、参加者同士でディスカッションしながら、社会シミュレーションモデルの構築を目指します。

コンペティションの部:2017年 3月17日(金) 9:30~18:00(予定)

artisocを利用している研究者の方々に自由なテーマで最新の研究成果をコンペティション形式で発表していただきます。
プレゼンテーションでは、口頭発表と質疑応答を、ポスター、モデル展示では、参観者とフリーディスカッションが行える場を設けるために、ポスター(発表スライドでも可)やシミュレーションモデルを展示していただきます。

スケジュール

    ・詳細が決まり次第、公開いたします。

発表

    ・プレゼンテーション   (15分)+質疑応答(10分);10件程度
    ・ポスター、モデル展示 (約2時間)
     ※本年度は発表者の方に、プレゼンテーションとポスター・モデル展示をお願いいたします。モデル展示用のPCは、弊社で準備いたします。
     ポスターは縦横90cm×120cm程度のスペースをご用意いたしますので、その中で適宜ご調整ください。(参考までに、A1用紙で2枚、A4用紙で16枚が入ります。)

賞金

    優秀者または優秀グループには研究費用を贈与します。

    ・会場賞:1名(または1グループ)    研究奨励金5万円
      ※参加者による投票で選出します。
    ・優秀賞 :1~2名(または1~2グループ) 研究奨励金10万円
    ・最優秀賞:1名(または1グループ)     研究奨励金30万円
      ※優秀賞対象発表の中で、特に優れており最優秀賞に値する発表があった場合には、最優秀賞1名(1グループ)を選出します。

審査委員長

  • 山影 進氏(青山学院大学 教授)

審査委員(五十音順)

  • 秋山 英三氏(筑波大学 システム情報系 教授)
  • 和泉 潔氏(東京大学大学院 教授)
  • 寺野 隆雄氏(東京工業大学大学院 教授)
  • 生天目 章氏(防衛大学校 名誉教授)

ワークショップの部:2017年 3月18日(土) 13:00~17:00(予定)

今後のartisoc利用に留まらず広く社会を捉える視点を養うことを目的として、社会現象のモデル構築についてワークショップを行います。 また、バックグラウンドの異なる数名でグループを形成し、事前予習の内容に基づき、ディスカッションを行いながら、シミュレーションの実験計画を立てていただきます。※事前予習の内容は、下記の参加申込み条件をご覧ください。
このセッションでは、実際に東京大学大学院で行われている授業「社会シミュレーション入門」の一部を体験いただくことができます。(内容は、一部変更になる場合がございます。)

特別講師

和泉 潔先生  東京大学大学院 工学系研究科システム創成学専攻

略歴
1970 年生. 1993 年東京大学教養学部基礎科学科第二卒業.1998 年同大学院博士課程修了.博士(学術).同年より2010年まで,電子技術総合研究所(現 産業技術総合研究所) 勤務. 2010年より東京大学大学院工学系研究科 システム創成学専攻 准教授.2015年より同教授.マルチエージェントシミュレーション,特に社会シミュレーションに興味がある.IEEE、人工知能学会、情報処理学会、電子情報通信学会会員.

こんな方におすすめ

  • ・社会シミュレーションに関する授業を検討されている教育担当者
  • ・社会現象の現状分析からモデル構築を体系的に学びたい方

参加申込み条件

  • ・定員:30名
  • ・参加の際には下記、事前の予習をお願いする予定です。(必須)
  •    ・和泉先生の動画による講義の受講と内容要約の提出(約10分×下記2つの内容)
        ①マインドマップの作成方法
        ②基本設計の作成方法
  •    ・各自、興味のあるテーマの検討・決定とそのテーマに関するマインドマップの作成・提出
  •    ・取り上げたテーマの基本設計の作成・提出
  •    ※お申込みいただいた皆様に、別途、案内いたします。

会場とアクセス

会場: 株式会社構造計画研究所 本所新館B1 レクチャールーム他
アクセス: 東京都中野区中央4-5-3 (http://www.kke.co.jp/corporate/map/tokyo2.html)

発表・参観申込み

コンペティションの部
発表、参観のお申込み

ワークショップの部
参加のお申込み

以下募集要項をご確認いただき、お申込みください。
  • 申込み締め切り後の申込みは、一切受け付けておりません
  • お申込み後、発表者の方は弊社からお送りするテンプレートに従ってA4、1頁程度のアブストラクトを作成し、アブストラクト提出締切までにご提出ください
    ※ 提出締切までに予稿原稿、モデルファイル、ポスター展示用ファイルのご提出がなかった場合は、発表辞退とみなします
    ※ ポスターは発表スライドでも可。ただし、縦横90cm×120cmにおさまる範囲とする(A4用紙16枚まで)
  • 発表者が学生(社会人学生を除く)かつ国内で遠方在住の場合、1件につき1名様に限り交通費をコンペ当日に支給いたします

発表者スケジュール

  • 2017年1月27日(金): 発表申込み締切
  • 2017年2月3日 (金): アブストラクト提出締切
  • 2017年2月10日(金): 書類選考、発表者通知
  • 2017年2月24日(金): 予稿原稿、および、モデルファイルの提出締切
  • 2017年3月10日(金): ポスター展示用ファイルの提出締切
  • 2017年3月17日(金): MASコンペティションでの発表

発表申込み条件

  • artisocを使用したモデルをベースにした内容であること
  • 発表時にモデルの実行の様子(その場で実行、ないしログ再生)を見せられること
  • コンペティション終了後、株式会社構造計画研究所のホームページなどにてモデル、および、提出した論文等の書類が公開可能であること
    ※企業発表については審査の対象とせず、発表したモデルの公開義務はないものとすることができます。詳細はお問い合わせください。
 発表申込ページ 


参観者スケジュール

  • 2017年3月10日(金): 参観申込み締切
  • 2017年3月17日(金): MASコンペティション当日
 参観申込ページ 


参加者スケジュール

  • 2017年2月17日(金): 授業申込み締め切り
  • 2017年3月18日(土): 授業当日

参加申込み条件

下記、事前の予習をお願いする予定です。(必須)

  • 和泉先生の動画による講義の受講と内容要約の提出(約10分×下記2つの内容)
      ①マインドマップの作成方法
      ②基本設計の作成方法
  • 各自、興味のあるテーマの検討・決定とそのテーマに関するマインドマップの作成・提出
  • 取り上げたテーマの基本設計の作成・提出

※上記、事前に予習していただきたいことは、お申込みいただいた皆様に、別途、案内いたします。

 参加申込ページ 


※注意※
コンペティションの部とワークショップの部の両方に参加される方は、お手数ですが、それぞれお申込みをお願いいたします。

ご利用のブラウザによって、表示が崩れる場合がございますが、ご了承ください。

連絡・問い合わせ先

株式会社構造計画研究所 第17回MASコンペティション事務局
TEL 03-5342-1025 / FAX 03-5342-1056
e-mail mascompetition17@kke.co.jp




Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )