コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

書籍案内 2010〜2011

★  ソーシャル・ネットワークと組織のダイナミクス
共感のマネジメント


中野 勉 (著)
2011年12月20日 有斐閣
2,730円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 企業組織の革新にソーシャル・ネットワークを活用しようという野心的な試みです。

 FacebookやTwitterをきっかけとしたインフォーマルなネットワークの強化が、社会と働き方を着々と変化させています。

 デジタルと人間らしさが融合した新しいマネジメント手法が生まれる感じがしました。



★  複雑で単純な世界
不確実なできごとを複雑系で予測する


ニール・ジョンソン (著), 阪本 芳久 (翻訳)
2011年11月28日 インターシフト
3,360円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 複雑系の研究者により書かれた複雑系の解説本です。

 複雑系とは、多様なエージェントとその関係性の生きている変化を記述するためのツールであることが理解できます。

 この未来のツールを育て使いこなすことで、複雑な世の中の本当の姿を知ることができると思いました。



★  ガイドツアー 複雑系の世界
サンタフェ研究所講義ノートから


メラニー ミッチェル (著), 高橋 洋 (翻訳)
2011年11月25日 紀伊國屋書店
3,360円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 複雑系の動物園もしくはデパートのような一冊です。

 ガイドツアーと称するにふさわしく、初心者にも分かりやすく、複雑系の奥深さを感じることができます。

 この学際的で、発展途上な学問領域を大きく育てていければいいなと思いました。



★  スペンド・シフト
<希望>をもたらす消費


ジョン・ガーズマ (著), マイケル・ダントニオ (著), 有賀 裕子(翻訳)
2011年7月20日 プレジデント社
1,890円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 大量消費の時代が終わり、モノや情報や体験を共有し創造する時代に変わったようです。

 この新しい時代では、お金をかけず、より生活に密着した幸福を求める時代となるようです。

 世界中で起こっている小さな変化の多くの実例を集めた良書です。



★  メッシュ
すべてのビジネスは〈シェア〉になる


リサ・ ガンスキー (著), 実川 元子 (翻訳)
2011年2月17日 徳間書店
1,680円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 顧客と顧客、企業と顧客、企業と企業がネットにより結ばれ、メッシュになったとき、個人の価値観とお互いの信頼関係がベースとなった新しいマーケットが創発するようです。

 ネットは技術や環境ではなく、ツールとして使いこなすべきものだと感じました。



★  キュレーションの時代
「つながり」の情報革命が始まる


佐々木 俊尚 (著)
2011年2月9日 筑摩書房
945円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 情報化時代の進化を予感させる一冊です。

 ネットという新大陸に独自の生態系が生まれつつあります。

 仮想とリアルが融合するとき、より人間味のある面白い世界が生まれそうな気がしました。



★  情報社会学概論

吉田民人/飛田武幸/シィ・シィ/高安秀樹/山内康英 (著), 服部正太/村井純/國領二郎/佐々木俊尚 (著), 公文俊平 (編集)
2011年2月1日 NTT出版株式会社
4,620円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 情報社会学のための教科書です。

 ネットと共生する現代人と現代社会を科学的な視点で捉えようとする野心的な試みだと思いました。

 これまでに人類が経験したことがない大変化の時代を、より深く理解し楽しみたい人におすすめの一冊です。



★  フェイスブック
若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)


デビッド・カークパトリック (著), 小林弘人 解説 (その他), 滑川海彦 (翻訳), 高橋信夫 (翻訳)
2011年1月13日 日経BP社
1,890円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 『フェイスブック』は革命だと思います。

 実名を基本とした信頼ネットワークが世界を変えようとしています。

 これからの活躍に大いに期待します。



★  シェア
<共有>からビジネスを生みだす新戦略


レイチェル・ボッツマン (著), ルー・ロジャース (著), 小林 弘人 (監修), 関 美和 (翻訳)
2010年12月16日 日本放送出版協会
1,995円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 現在進行形の情報革命の意味を気づかせる目からウロコの一冊です。

 ハイパー消費がコラボ消費に変わることで、思考や価値観にまで影響を与え、世の中に善人が増えていくという未来予想図が面白いと思いました。

 多くの方々に読んでもらいたい一冊です。



★  スマート革命
自動車・家電・情報通信・住宅・流通にまで波及する500兆円市場


柏木 孝夫 (著), 日経エコロジー (編集)
2010年7月12日 日経BP社
1,995円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 スマートシティを理解するための入門書です。

 技術革新がダイナミックに社会を変えていく、SFみたいな話です。

 技術はともかく、住みやすい町ができるとよいなと思いました。



★  MBB:「思い」のマネジメント
知識創造経営の実践フレームワーク


一條 和生 (著), 徳岡 晃一郎 (著), 野中 郁次郎 (著)
2010年6月18日 東洋経済新報社
1,890円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 一人ひとりが楽しく働く職場をつくるための実践的な提案です。

 久しぶりに、いい本に出会えたと感じました。

 人間の可能性を信じたくなる一冊です。



★  ゲーム理論で不幸な未来が変わる!
21世紀のノストラダムスがついに明かした破綻脱出プログラム


ブルース・ブエノ・デ メスキータ (著), Bruce Bueno de Mesquita (原著), 田村 源二 (翻訳)
2010年5月 徳間書店
1,890円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 未来を予測し、さらに操作する方法を解説した良書です。

 ゲーム理論でここまでできるのかと感心しました。

 最後には、他人の気持ちが分かり、場の空気を読むことが世の中をよくする第一歩だと思いました。



★  行動経済学入門
基礎から応用までまるわかり


真壁 昭夫 (著)
2010年4月16日 ダイヤモンド社
1,890円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 行動経済学のことがざっくり分かる良書です。

 金融の専門家が取引しているのになぜバブルが起こるのか?、人はなぜ不合理な意思決定をしてしまうのかが理解できます。

 この分野の研究が進み、人間の行動についてより深く探求できればよいと思いました。





Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )