コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

書籍案内 2000〜2004

★  なぜ選ぶたびに後悔するのか
「選択の自由」の落とし穴


バリー・シュワルツ 著 / 瑞穂のりこ 訳
2004年10月 ランダムハウス講談社
1,890円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 本書は、物質的に豊かになり、商品やサービスの選択の幅が広くなり、インターネットがさらにそれを推し進める世界において、なぜ人間は幸せだと感じないかという素朴な疑問について研究したものです。

 自分で意思決定をする場合、もっといい選択があるかもしれない、もし失敗したらどうしよう、後悔するかもしれないという邪念が選択の満足感を低下させます。

 複雑な要因が絡み合い選択しづらい現代社会において、いかに単純に意思決定し、前向きに生きていくかのヒントが書かれております。



★  情報社会学序説
ラストモダンの時代を生きる

公文 俊平 著
2004年10月 NTT出版
2,100円(税込み)
ISBN: 475710135X
Amazon.co.jp アソシエイト

 時代の流れ(S字波)と連続性を『社会システム』というテーマでまとめた良書です。

 「国家の時代」→「企業の時代」→「智民の時代」へと進化する過程、現在は「智民の時代」への第一歩目であることが説得力を持って示されております。

 インターネットとケータイによる情報社会を前提とした自己組織システムと『共の原理』による創発によりどのような世界がやってるくるかは想像つきませんが、とてもワクワクします。

 『ウェブ進化論』を読んでさらに深く考えたい人におすすめの一冊です。



★  スモールワールド・ネットワーク
世界を知るための新科学的思考法

ダンカン・ワッツ 著 / 辻 竜平、友知政樹 訳
2004年 阪急コミュニケーションズ
2,940円(税込み)
ISBN: 4-484-04116-2
Amazon.co.jp アソシエイト

 スモールワールド現象の概念を提唱した著者による、スモールワールドのための解説書。

 スモールワールドを着想するまでの努力とその後の研究成果が垣間見れます。

 常に現実世界のありさまをモデルに反映し、過去の研究報告を鵜呑みにしないとする著者の姿勢が研究者としてふさわしいと思いました。



★  ゲーム理論と進化ダイナミクス
人間関係に潜む複雑系

生天目 章 著
2004年 森北出版
4,725円(税込み)
ISBN: 4-627-85031-X
Amazon.co.jp アソシエイト

 相互作用をテーマに、囚人のジレンマからマルチエージェント・シミュレーションまで段階的に基礎を学ぶための参考書。

 ゲーム理論の奥深さを理解するための良書だと思います。



★  創発
蟻・脳・都市・ソフトウェアの自己組織化ネットワーク

スティーブン・ジョンソン 著 / 山形浩生 訳
2004年 ソフトバンクパブリッシング
1,890円(税込み)
ISBN: 4-7973-2107-5
Amazon.co.jp アソシエイト

 蟻やアメーバの生態、脳の作り、インターネットの網目、人間社会のあり方までを自己組織化ネットワークをキーワードに発想がやや飛躍的につなげております。

 複雑系の研究は単独の学問の1ジャンルではなく、学問と学問の間(学際?)に意味があると思われるため、このような研究により発想が拡がるとよいと思います。



★  市場分析の複雑系アプローチ

和泉 潔 著
2003年 森北出版
3,675円(税込み)
ISBN: 4-627-85011-5
Amazon.co.jp アソシエイト

 人工市場をテーマに基礎概念から具体的なモデルの構築までを網羅的に解説した実践書。

 人工市場を評価する上で、ベンチマーク的な利用ができると思います。



★  複雑系組織論
多様性・相互作用・淘汰のメカニズム

ロバート・アクセルロッド、マイケルD.コーエン 著
高木晴夫 監訳、寺野隆雄 監訳
2003年 ダイヤモンド社
2,520円(税込み)
ISBN: 4-478-37389-2
Amazon.co.jp アソシエイト

 生物が多様性を持ちつつも繁栄する特徴を『組織論』に適用した研究。

 人間社会のありがちな話題を多様性、相互作用、淘汰の観点から分析しており読み物として面白いと思います。



★  対立と協調の科学
エージェント・ベースモデルによる複雑系の解明

ロバート・アクセルロッド 著
寺野隆雄 監訳
2003年 ダイヤモンド社
3,990円(税込み)
ISBN: 4-478-19047-X
Amazon.co.jp アソシエイト

 「囚人のジレンマ」ゲームで有名な著者が、いくつかの社会現象を複雑系で解明しようとした論文集。

 比較的単純なモデルを使っているため、理解しやすく、さらなる発想が膨らむところが特徴だと思います。



★  社会シミュレーションの技法
政治・経済・社会をめぐる思考技術のフロンティア

ナイジェル・ギルバート、クラウス・G・トロイチュ 著
井庭 崇、岩村拓哉、高部陽平 訳
2003年 日本評論社
2,940円(税込み)
ISBN: 4-535-55241-X
Amazon.co.jp アソシエイト

 シミュレーション手法をまとめた参考書。

 システムダイナミクスによるモデル、ミクロシミュレーションモデル、待ち行列モデル、マルチレベルシミュレーションモデル、セル・オートマトンモデル、マルチエージェントモデル、学習と進化のモデル(人工ニューラルネットワーク、遺伝的アルゴリズム)の各手法の違いと特徴が理解できます。



★  新ネットワーク思考
〜世界のしくみを読み解く〜

アルバート=ラズロ・バラバシ 著 / 青木 薫 訳
2002年: NHK出版
1,995円(税込み)
ISBN: 4-14-080743-1
Amazon.co.jp アソシエイト

 これは極めて面白い!第一線の研究者バラバシが書いたネットワーク科学のための啓蒙書です。

 研究に対する情熱とネットワーク科学が花咲かせる新しい力学について書かれております。

 この分野に興味のある方も、そうでない方も現代の科学者が何をやっているかをちょっと垣間見れる一冊です。



★  コンピュータのなかの人工社会
〜マルチエージェントシミュレーションモデルと複雑系〜

山影 進、服部 正太 編著
2002年8月: 共立出版
4,410円(税込み)
ISBN: 4-320-09735-1
Amazon.co.jp アソシエイト

 マルチエージェント・シミュレーションの可能性を社会現象へ応用すること、KK-MASを利用して簡単にモデルが組めることを目的にまとめられたKK-MASの論文集。

 KK-MASで何ができるか?を具体的に知りたい方はこの一冊からはじめましょう。



★  なぜあの商品は急に売れ出したのか
〜口コミ感染の法則〜

マルコム・グラッドウェル(著)・高橋 啓(訳)
2001年 飛鳥新社
1,365円(税込み)
ISBN: 4-87031-469-X
Amazon.co.jp アソシエイト

 ティッピング・ポイント(感染の臨界点)の邦訳です。「少数者の法則」「粘りの要素」「背景の力」の3つを基本法則により感染の臨界点がやってきます。

 ハッシュパピーの靴が爆発的に売れたこと(p.15)、割れた窓理論(p.192)、ニューヨークの犯罪が地下鉄の落書きと無賃乗車の抑制により激減したこと(p.194)、スタンフォード大の模擬監獄実験(p.207)、150の法則(p.236)など豊富な挿話が3つを基本法則をより強固なものにしております。

 読み物として大変面白く、ためになる本だと思いました。



★  内部観測とはなにか

畑村 洋太郎  著
2000/11/20 講談社
1,680円(税込み)
ISBN-10: 406210346X
ISBN-13: 978-4062103466
Amazon.co.jp アソシエイト

 失敗を科学的に分析した『失敗学』をやさしく解説した一般書です。

 「失敗は、新たな創造行為の第一歩である」との立場に立ち、失敗と上手に付き合い、うまく活用していくための多くのアドバイスが書かれております。

 失敗を恥としない意識改革が、成熟した企業・社会となるための第一歩だと感じる一冊です。



★  内部観測とはなにか

松野孝一郎  著
2000年 青土社
2,520円(税込み)
ISBN: 4-7917-5848-X
Amazon.co.jp アソシエイト

 エージェントが経験する事象はどうやって記述できるか?動きと観測が同時におこるとはどういうことか?

 「内部観測」というちょっと風変わりな考え方を紹介します。



★  複雑系
〜科学革命の震源地・サンタフェ研究所の天才たち〜

M.ミッチェル.ワールドロップ 著 / 田中三彦、遠藤俊征 訳
2000年 新潮文庫
980円(税込み)
ISBN: 4-10-217721-3
Amazon.co.jp アソシエイト

 米国サンタフェ研究所の成り立ちから現在まで、複雑系がどのように発展したかをドキュメンタリー形式で綴られた一冊です。

 複雑系の歴史や研究者の苦悩、新しい科学への挑戦など複雑系についてのたくさんのアイデアが凝縮して書かれております。



★  バタフライパワー
カオスは創造性の源だ 「選択の自由」の落とし穴


J. ブリッグス (著), F.D. ピート (著), John Briggs (原著), F.David Peat (原著), 高安 美佐子 (翻訳), 山岸 美枝子 (翻訳)
2000年4月 ダイヤモンド社
2,100円(税込み)
Amazon.co.jp アソシエイト

 複雑系の理論を用いて人としての生き方を考えた一冊です。

 とかく論理な思考がもてはやされますが、分析的に緻密に考えれば考えるほど例外が増えていき、本当の姿を表現できなくなります。

 すべての生き物と事象がネットワーク的につながっているという協力と協調の発想が、幸せな生き方のきっかけになるかもしれないと思いました。



★  考える「もの」たち
〜MITメディア・ラボが描く未来〜

Neil Gershenfeld(著)、中俣真知子(訳)
2000年3月 毎日新聞社
2,310円(税込み)
ISBN-13: 978-4620314211
Amazon.co.jp アソシエイト

 MITメディアラボ教授が書いた未来&解説本です。

 大学における新しい研究方法を模索する研究所の生き生きとした姿が読み取れます。

 インターネットは知能と感覚を持った「もの」が、ネットを介して情報のやり取りを行うために成長しているかもしれないとの洞察は鋭いと思いました。

 日本にもこんな研究所ができれば素敵です。



★  知の創発
〜ロボットは知恵を獲得できるか〜

伊藤宏司  著
2000年 NTT出版
2,940円(税込み)
ISBN: 4-7571-6005-4
Amazon.co.jp アソシエイト

 ロボット研究を基本として、創発がいかにして生まれるかを複数の研究者が自ら研究成果を紹介する形でまとめられております。

 コンピュータ上のシミュレーションだけでなく、実社会にもエージェント技術を適用しようという試みです。



★  ヒット・エコノミー戦略
〜サンタフェ発・複雑系が解き明かすブームの仕組み〜

ウィンスロー・ファラル 著 / 博報堂・複雑系研究グループ 訳
2000年 レゾナンス
2,520円(税込み)
ISBN: 4-947735-32-5
Amazon.co.jp アソシエイト

 経営コンサルタント兼コンピュータ専門家の著者が、複雑系のアイデアがビジネスの世界でいかに役に立つかについて実体験を下に書き綴った書籍です。

 米国では様々な分野で適用されており、本当にヒットの予測ができれば面白いと思います。





Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )