コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

ニュース

RSSによる配信を開始しました! → [RSS登録]

投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-11-2 3:18:51 (1561 ヒット)

 更新情報は次の通りです。

[障害改修]
・ルールエディタの文字列置換と編集メニューの不具合を改修しました。
・初期値設定機能のファイル入出力の不具合を改修しました。
・インクルードファイルで定義した関数の呼出処理の不具合を改修しました。

[機能追加]
・出力設定のマップ出力と時系列グラフのマーカーに六角形とメッシュ(背景が透ける)を追加しました。
・初期値設定機能のファイル入出力にて、IDを1列目(従来は1列目にエージェント名と通番、2列目にID)に記述するように変更しました。
・空間上のエージェントのX, Y, Layer, Directionが記憶できるようになりました。
・ツリーにて、エージェント名、空間名、変数名のチェックを追加しました。
・「models」の「Barabashi Albert Model」にべき乗則とロングテールのグラフを追加しました。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-10-29 6:00:18 (1513 ヒット)

・artisoc player 1.0 の英語の登録申込みページを作成しました。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-10-14 1:31:39 (1408 ヒット)

日本動物心理学会第66回大会にてartisocを出展しております。

 於:京都大学 百周年時計台記念館

 2006年10月13日 自由集会(ワークショップ)

 2006年10月14日〜15日 口頭・ポスター発表

 お時間とご興味のある方はぜひともお立ち寄り下さい。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-10-12 19:46:22 (1336 ヒット)

・「Barabasi Albert Model」にべき乗則とロングテールのためのグラフを追加しました。

べき乗則は両対数グラフで、横軸に枝の数、縦軸にその枝の数を持つ頂点の数をプロットしております。なお、各点には頂点の数を表示しておりますので左から3つ目(枝の数が少ない頂点)までの値を積算すると頂点の全体数と比較して50%以上を占めることがわかります。

ロングテールのグラフは枝の数の多い順に左から並べて表示し、全体を20分割したときの各分割点における枝の数を表示しております。最左の0の値が最も枝の数が多い頂点、最右の20の値が最も枝の数が少ない頂点を表します。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-10-5 8:16:49 (1632 ヒット)

 更新情報は次の通りです。

[障害改修]
・MacOS Xにて、Cut&Paste処理を改良しました。

[機能追加]
・エージェント関数(DelAgtSet2、OnLayerSpace、Pursue)を追加しました。
・時間関数(GetDayOfWeek、StrToTime)を追加しました。
・ログ保存したモデルについて、出力設定を追加、変更、削除できるようになりました。(※但し、保存はされません。)
・「models」に「Segregation Model」を追加しました。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-9-17 23:13:38 (1631 ヒット)

・サンプルモデルに「テキストファイル入出力モデル」を追加しました。
・テキストファイルの読込み、書込み(上書き、追記)のほか、トークンの操作(GetToken、CountToken)の方法について例示しております。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-9-12 2:20:57 (2043 ヒット)

 更新情報は次の通りです。

[障害改修]
・ログ再生時の初期化処理の不具合について対処しました。

[機能追加]
・コントロールパネルに記述したルールのエラー表示を改良しました。
・マップ出力の情報表示でIDを新仕様のID表示(エージェント種別毎に0はじまりの一意のID)に変更しました。
・コントロールパネルでエージェント集合型の変数が定義できるようになりました。
・MacOS X上でもオートコンプリートが表示できるように、Ctrl+SPACEおよびCtrl+「.」キーで動作するようにしました。
・マップ出力にて、要素設定で「マーカーなし」のときに指定した色で塗りつぶさないように変更しました。
・最大ヒープサイズをメモリの最大値を64MBから1024MBに変更しました。
・予約語(FILE_READ、FILE_WRITE、FILE_APPEND)を追加しました。
・その他の関数(GetCountStep)の返り値を長整数型(Long型)に変更しました。
・文字列操作関数(CountToken, GetToken)を追加しました。
・その他の関数(ClearDebugScreen、GetLastErrorMsg)を追加しました。
・ファイル入出力関数(CloseFile, IsEofFile, OpenFile, ReadFile, WriteFile, WriteLnFile)を追加しました。
・XMLデータ操作関数(CloseFileXML, DeleteXMLDom, FlushXMLDom, GetXMLValue, MakeXMLDom, OpenFileXML, RemoveXMLValue, SetXMLValue)を追加しました。

 以下、artisoc professionalに新機能を追加しました。

・データベース関数(CloseDB, CommitDB, GetValueDB, MakeXMLDomSelectDB, NextDB, OpenDB, QueryDB, RollbackDB)を追加しました。PostgreSQL8.1に対応しました。
・ネットワーク関数(GoogleSearch, MakeHtmlDom, RegistHtmlPage, RegistHtmlToXMLPage, WebLock, WebUnLock, WebStart)を追加しました。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-8-29 3:54:55 (1690 ヒット)

・サンプルモデルに「モグラモデル」を追加しました。
・マウスクリック(IsMouseClickedOnMap, GetClickedMapPosition)の使い方の例題です。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-8-17 2:25:57 (1837 ヒット)

KKE VISION 2006 −「オモシロイ」が「タネ」になる。−


会期: 2006年9月14日(木)
会場: 東京コンファレンスセンター・品川(東京都港区港南1-9-36 アレア品川4,5F)
主催: (株)構造計画研究所
参加費用: 無料
参加予定者数: 1,000名
参加申込方法: 基調講演、ブレイクアウト・セッションは定員制につき、事前の参加申し込みが必要。 公式ホームページ、またはダイレクトメール同封のFAX参加申込書で受付中。
来場対象者: 経営者、役員、経営戦略・情報システム担当者、ビジネス企画・調査担当者、技術者 他

 →公式ホームページ

◎artisocとKK-MASを利用した事例紹介

 14:50〜14:50
 B-2 情報技術を利用した地震防災活動支援
     〜三重県における地震・津波対策の最新動向〜
     三重大学 大学院 工学研究科 助教授
     高田 豊文 氏

 14:50〜14:50
 E-2 ショールーム改革 営業支援ソリューションの最新事例
     株式会社 構造計画研究所 企画営業部
     田邊 功一

 →プログラム詳細



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2006-8-16 2:55:17 (1811 ヒット)

 更新情報は次の通りです。

[障害改修]
・ログ出力時に0ステップ目が表示されない不具合を解消しました。
・連続実行時のGetHistoryの不具合を解消しました。

[機能追加]
・文字列型変数の最大値を制限無しに変更しました。
・エージェントIDの仕様を変更し、エージェント種別毎に0から始まる値にしました。
・IDからUniqueIDを取得するエージェント関数(GetUniqueID)を追加しました。
・エージェントを完全削除するエージェント関数(TerminateAgt)を追加しました。
・エージェント集合型変数を複製するエージェント関数(DuplicateAgtSet)を追加しました。CopyAgtSetを利用している箇所は引数の順番を入れ替えてDuplicateAgtSetに置き換えてください。
・最前面の出力画面のスクリーンショットをJPEGファイルとして保存するその他の関数(ScreenShot)を追加しました。
・マップ出力画面でマウスクリックが行われたか否かを返すその他の関数(IsMouseClickedOnMap)を追加しました。
・マップ出力画面でクリックしたマップ上のX-Y座標を返すその他の関数(GetClickedMapPosition)を追加しました。
・入出力関数(InputBox、MsgBox)について、「\n」により表示文字列の改行が指定できるようになりました。
・サウンド関数(StartSound)にて、mp3ファイル形式の再生ができるようになりました。
・変数プロパティを表示したときにデフォルトのフォーカスを一番上の入力テキストに移動するように変更しました。
・出力設定の出力項目の指定において、長い文字列を指定したときに自動的に縦スクロールバーを表示するように変更しました。
・デバッグモードにて、エージェントルールの右上にエージェントIDを表示するようにしました。
・デバッグモードにて、シミュレーションの実行が終了したときデバッグモードの初期状態になるように変更しました。
・シミュレーションの終了後に開いていたルールエディタを自動的に表示するように変更しました。
・コントロールパネル内のルール実行で全ての組み込み関数が利用できるようになりました。
・ExitSimulation、ExitSimulationMsgを実行したとき、Univ_Finishが実行されてシミュレーションが終了するように変更しました。

[ドキュメント加筆]
・上記、機能追加の内容を更新しました。(マニュアル、ヘルプ)
・マニュアルに「実行環境設定-連続実行」を追記しました。


« 1 ... 15 16 17 (18) 19 20 21 »
Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )