コミュニティ内検索
コンテンツ
MASツール
artisocモデル
その他
翻訳

ニュース

RSSによる配信を開始しました! → [RSS登録]

投稿者: siteadmin 投稿日時: 2015-8-21 17:54:39 (775 ヒット)

構造計画研究所では、2015年9月12日(土)に『CADデータを利用したシミュレーションモデル作成講習(中級)』を開催いたします。

内容は、CADデータを利用するにあたっての歩行モデルの作成を解説しながら、人工社会構築指南には載ってない実践的で研究に役立つartisocのテクニックを紹介する中級者向けの講習を予定しております。

詳細はこちらから。





投稿者: siteadmin 投稿日時: 2015-7-10 0:13:51 (800 ヒット)

artisocレシピブック」に「07.ポテンシャル法を高速化しよう」を追加しました。

■ポテンシャルはいつ計算するとよいでしょうか?

「06. artisocレシピブック」では、全てのお客さまのポテンシャルを毎ステップ計算しています。

商品棚やレジの位置は動かないので、来店時もしくは目的地に到着したタイミングでポテンシャルを計算すれば、計算負荷を減らすことができます。

モデルを改造して、ポテンシャル法を高速化しましょう。

目次
 ① ポテンシャル法とは?(再掲)
 ② 店舗内の買い回り行動(再掲)
 ③ ツリーに変数を追加する
 ④ 入口からお客さまが来店する
 ⑤ お客さまの買い回り行動を定義する
 ⑥ Potentialを初期化する
 ⑦ Potentialに従い、方向を取得する
 ⑧ 商品棚の到達確認を行う
 ⑨ PotentialArrayから値を取得する
 ⑩ シミュレーションを実行する(再掲)







投稿者: siteadmin 投稿日時: 2015-6-30 20:42:28 (810 ヒット)

artisocレシピブック」に「06.ポテンシャル法を使って、買い回り行動を再現しよう」を追加しました。

■店舗内の買い回り行動を再現しよう

道路などの「ネットワークで表現できる空間」の場合は、ダイクストラ法を使って最短経路を探索できます。

では、店舗内などネットワークとして定義しづらい「面的な空間」の場合は、どうすれば最短経路を探索できるのでしょうか?

ポテンシャル法を使って、最短経路を探索して、店舗内の買い回り行動を行動モデルを再現しましょう。

目次
 ① ポテンシャル法とは?
 ② 店舗内の買い回り行動
 ③ 店舗のフロアデザインを定義する
 ④ ツリーにエージェントと変数の定義する
 ⑤ 「Floor」の値から商品棚、入口、レジを生成する
 ⑥ 入口からお客さまが来店する
 ⑦ お客さまの行動ルールを定義する
 ⑧ Potentialを初期化する
 ⑨ Potentialに従い、方向を取得する
 ⑩ 商品棚の到達確認を行う
 ⑪ レジの到達確認を行う
 ⑫ 出力設定を行う
 ⑬ シミュレーションを実行する





投稿者: siteadmin 投稿日時: 2015-6-1 23:25:49 (715 ヒット)

書籍案内に「交通工学」を追加しました。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2015-5-24 7:08:12 (797 ヒット)

書籍案内に「駅をデザインする」を追加しました。



投稿者: siteadmin 投稿日時: 2015-5-12 23:00:39 (831 ヒット)

artisocレシピブック」に「05.通れなくなった道路を迂回しよう」を追加しました。

■火災・浸水・ガレキで道路が通れなくなったら迂回しよう

地震が発生すると、道路が通れなくなることが多々あります。
道路が通れないとき、避難経路を再探索するルールを追加しましょう。

歩行モデルの拡張
 ① 「03. artisocレシピブック」のおさらい
 ② 道路に線を引く
 ③ スタートとゴールを設定する
 ④ 歩行者の行動ルールを変更する
 ⑤ 画面出力を拡張する
 ⑥ シミュレーション実行中に「Block」を生成する
 ⑦ 経路を再探索する
 ⑧ 立ち止まる


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 32 »
Copyright © KOZO KEIKAKU ENGINEERING Inc. All Rights Reserved.( 会社情報 情報セキュリティ・個人情報について )