災害・ヒト・モノを考慮した
災害時避難シミュレーション評価


構造計画の災害時シミュレーション

災害に対して、これまで災害対策として堤防の構築や避難施設の構築、インフラ整備などに力が入れられてきました。東日本大震災での教訓として、 施設に過度に依存した防災対策には限界があることが分かり、今後津波に強いまちづくりを推進する上で「ハード・ソフトを組み合わせた多重防御の 発想による防災・減災対策」が注目されております。

ハード面の対策例

  • 海岸保全施設、港湾施設など大規模な外力に対して構造上の強化
  • 災害発生時の緊急輸送路となる複数の交通網の整備や、避難施設の設置
  • 防災情報システムの構築
  • 道路などの盛り土による二線堤、街区のかさ上げ etc…

ソフト面の対策例

  • 災害危険区域制度による建築制、土砂災害防止法に基づく土地利用規制
  • 地域の状況に応じた制度設計(規制解除や制限緩和)
  • 避難経路対策(安全性、避難場所の周知、案内板の設置)
  • 住民への避難訓練、防災意識の向上を目的としたワークショップ ・災害後の早期復興に向けたがれき処理方法や仮設住宅などの設置場所の事前検討 etc..
構造計画研究所では、これまで災害推定シミュレーション技術、解析技術、および人の行動を模擬するマルチエージェントシミュレーション技術を用いた ビジネスを展開してきました。また、これらを組み合わせたシミュレーションにより「災害」と「構造物(モノ)」と「避難行動(ヒト)」を 組み合わせた災害時の評価を行い津波・地震に強い防災まちづくりを支援します。 マルチエージェントシミュレーションを用いて、一人一人の避難行動をモデル化することで、 個々の特性(例:障害者、高齢者などの避難弱者、 歩行速度、避難経路)を考慮した避難状況の再現が可能です。これにより、避難プロセスの評価や、避難誘導の方法や避難時ルールの周知度による 影響の予測などが可能となります。さらに、ボトルネックとなる要因を特定し、改善施策の検討が可能です。

解析ポータル
地震対策ソリューション
設備配置場所の検討 教育・合意形成
建屋のレイアウト変更や大型機器の設置に伴う避難上のリスクの見積もりができます。
一番近い出口に殺到すると結果的に避難が遅くなるなど、直観と異なる避難計画の説明をムービーなどを用い視覚的に説明できます。

津波避難シミュレーション

津波シミュレータを用い計算した津波到達時間内に、地域住民が高台などの一時避難場所に逃げることができるのか、またどの様にすればスムーズに避難できるのかを検討し、避難計画の作成支援を行います。

津波シミュレータにより想定地震発生時の津波の状況を評価
  • 各地域の津波の高さ(時系列)
  • 陸への遡上状況(時系列)
津波シミュレーションと避難シミュレーションを組み合わせたシミュレーション
交通シミュレーションと組み合わせた車での避難行動
  • 避難時の交通状況の評価

■一時避難場所の位置、誘導の有無などの設定が可能です。
現状の状況・課題認識
避難所の配置効果検証
避難計画の策定などに利用可能

津波避難シミュレータを三重県で共同開発

▼シミュレーションデモムービー


河川氾濫避難シミュレーション

■河川氾濫シミュレータを用い計算した時系列の氾濫状況において、地域住民が避難場所に逃げることができるのか、またどの様にすればスムーズに避難できるのかを検討し、避難計画の作成支援を行います
河川氾濫シミュレータにより河川の氾濫状況を評価
  • 河川氾濫個所と流量を指定
  • 土地の形状、土地利用を考慮した河川の氾濫状況をシミュレーション(時系列)

河川氾濫シミュレーションと避難シミュレーションを組み合わせたシミュレーション

■一時避難場所の位置、誘導の有無などの設定が可能です。
現状の状況・課題認識
避難所の配置効果検証
避難計画の策定などに利用可能

▼シミュレーションデモムービー


建物内避難シミュレーション

高層ビルにおける災害時の避難には、混雑や安全性など様々な課題があります。
そのため、シミュレーションにより事前に混雑する箇所や災害弱者を含めた安全な避難方法を検討しておくことが重要となります。
  • 地震発生時、火災発生時などビル内の人々がビルの外まで避難するまでの状況をシミュレーションすることが可能
  • 避難誘導やレイアウトの変更など様々案施策の効果をシミュレーション上で評価可能
  • マルチエージェントシミュレーションにより個々人の避難行動を再現可能
使用する出口、経路、誘導員の有無など複数のシナリオを比較することで、避難計画の作成支援を行います。

火災避難検証サービス
森ビル株式会社と共同開発

▼シミュレーションデモムービー


帰宅困難者避難シミュレーション

■停電や津波による冠水などで交通手段が麻痺した場合、自宅にたどり着けない「帰宅困難者」の発生が予測されます。
■この帰宅困難者がどこでどの程度発生するかをあらかじめシミュレータで予測することで、食料品などの必要備蓄量の算出に利用可能です。
  • 被災時の近隣の被害想定を3D動画で可視化し、『実感』を持つ
  • 想定される被害、避難所の位置、道路の混み具合を事前確認
■思わぬ渋滞により、トイレパニックやガス欠などの発生が考えられます。
■長期にわたり渋滞が予測される箇所に非常用トイレを設置するなど、トイレパニックに対する施策検討が可能です
■渋滞による燃料切れ発生などの危険性を見積もることも可能です。


詳細な情報やデモなどにつきましては、以下にお問い合わせください。

お問い合わせ先
株式会社 構造計画研究所 創造工学部 TEL:03-5342-1125 FAX:03-5342-1225
お問い合わせフォーム HP: http://iit.kke.co.jp/